TAKAの撮り撮り日紀

銀塩写真機とデジ一眼レフを背負って、史跡スポットなど見て歩き!最近はミニバンを駆って.. 遠乗り&車中泊などと.. にわか旅人もどき?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今秋も林道紅葉三昧などと!

今年も秋たけなわ、紅葉散策が始まった! 最初は先週24日 国道 362号腺から南アルプス公園線、日向から”林道-樫ノ木峠腺”
全線ダートで19Km (^_-)-☆
思えば、、昨年、日本カモシカに遭遇した場所、、今年は足跡にしか合えなかった!(前編は2007/01/11付けでUp済)
樫ノ木峠線01

途中の高台にある萩多和城跡に、真新しい石碑が建立されていた!18年12月吉日建立と刻まれている・・
樫ノ木峠線02

続いて10月31日は・・ 勢い込んで あちこちの林道3本も連破しちゃった!
林道 その2) 林道-豊岡梅ヶ島腺
ここは静岡市の北部、梅ヶ島、温泉街の始まりです、、左手は安倍川源流、向こうの山は、、もう紅葉が始まっている、、
この林道は崩壊や工事が多く冬季閉鎖が長かったりなかなか通り抜けられなかったけど、ようやくチャンスが来た・・しかし、なんと!
全腺舗装路になっちゃった ^_^;
豊岡梅ヶ島腺01

紅葉は見ごろだったけれど、お空のご機嫌が今一で!お天気待ちして、出かけて来たはずだったのですが!・・ 午前中 快晴だった
けれど、時間を追って晴れ曇り! ^_^;
豊岡梅ヶ島腺02

安部峠の頂上、山梨側にさしかかったとたんに濃い霧が出てきて、、たちまち雲の中、せっかくの富士山眺望も紅葉も覆い隠されて
しまって山梨側の眺望が絶望的だ・・ ウーン! 早くもリベンジ宣言か、、
豊岡梅ヶ島腺03

しかーし?!
お友達に言われて良く見たら、霧に隠されたカットも?”霧の中の紅葉”って、案外新鮮でいいもんですね~あわてて 1枚追加た!
落胆してないで、もっと真面目に撮るべきだったと、反省しきり、、逆にめったにないチャンスだったとも・・ もったいなかったなー!!
豊岡梅ヶ島腺04

林道 その3) 林道-湯之奥猪之頭腺
山梨県の下部温泉郷から富士宮の猪之頭地区に抜ける、、マイナーだが素晴しい林道だ!ここがその入り口、農道の始まりみたい
でとても分かり難い・・
奥之湯猪之頭02

農道?に入った位置、、路面のスリットが何かを物語っている、冬場は滑って大変だろうな・・
奥之湯猪之頭03

ここは下部温泉街を抜けて農道?を登って、本来の”湯之奥の林道”の起点、ここまでは分りにくいのですが・・ なぜかここからは
整備が素晴しく行き届いている、、
奥之湯猪之頭01

ここからは対岸の山肌、や道路わきの紅葉がこんなに素晴しい、が、照ったり曇ったりと、日差しが不安定、色目も安定せず・・
奥之湯猪之頭08

こんな具合で紅葉はすごいが、日差しが、、いまいちで、いまいちだな~
奥之湯猪之頭04

こっちもやっぱり日差しが、、いまいちで、、
奥之湯猪之頭05
県境の猪之頭トンネルを抜けた地点の富士山のある景観たら、、最高!但し晴れていればの話だけれど・・ そのトンネルの下辺り、
スカイ朝霧のテイクオフスポットがあります、、
今日も翔んでる 気持ちよさそうだな~ お天気が良ければ前方に大きな富士山が見えるのですがね~、、

ここでは”半日体験フライトやタンデムフライト”をさせてくれるそうなので、タンデム、あたりで翔んでみたいなー、なんて思ったり・・
やっぱりここもリベンジか・・
奥之湯猪之頭06
ここが富士宮側、猪之頭の起点です、富士宮側、猪之頭の終点、右手が毛無山です・・ このコースも全舗装されちゃったよ~!

一昨年の今頃、カロで訪れた頃は 半分以上がダートで、コース取りには苦労したのですがね、、ここもクマさんが出る、車外で遭遇
したら 怖いよね~
奥之湯猪之頭07

林道 その4) 広域基幹林道富士山麓線
十里木側の入り口です・・ カントリークラブの直ぐ脇です、しかーし、これでも林道ですか? これも、、例のお金の掛けすぎか?
林道富士山麓腺01

これがマップ、、すごい整備が行き届いている、県道並みの標識があったり?!
林道富士山麓腺02

広々してる~ とても林道とは思えない 今日はお天気がダメもっとも、時間が余ったので、それを承知で拙攻に行ったのだけど、、
林道富士山麓腺03

ここは、存在を知っていて、位置が分らず・・ 今回が初めての乗り入れだけど、快晴の富士山が見えれば最高のロケなんだろうな~
ここは富士山スカイラインとの接続点、こんなにはっきりした標識があるのに、何度も見落としていて、位置が分らなかったなんて、
それに今日は曇りを承知で下見に来たのだから、やっぱり・・ ここもリベンジ必定だよ~
林道富士山麓腺04

という事で、31日は安倍川を遡って、梅ヶ島温泉郷を通り抜け、安部峠を越えて山梨県の身延町へ・・ 更に下部温泉郷でお食事を、
そのまま通り抜けて湯之奥から猪之頭でまた静岡県へ・・

富士宮から十里木の子供の国から”富士山麓線”を抜けて富士山スカイラインへ戻って富士市から下道で139号線、国1、150号
腺経由で、、ご帰還っと9時間も走り続けてさー・・さすがに疲れたよ~ (^^♪
なお、現地の位置および経路情報は ”おすすめスポット”もでご紹介していますので、マップでご確認下さいませ!

次回の好天を待って、”井川雨畑腺”の良い所取りで往復して、取っ返して、小河内から南アルプス公園線で 畑薙第一ダムまで行く
予定なのです・・ が、山梨側に通行止め箇所がある、通り抜けはしませんが出途中の唐松林まで、行着付けるか? が問題だけど、、
(山梨県のホームページ林道情報では 11/01日現在、当分通行止となっています)
  1. 2007/11/01(木) 18:00:00|
  2. 散策記録
  3. | コメント:0
<<林道-井川雨畑の紅葉は! | ホーム | 大御所四百年祭の八丁櫓>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

プロフィール

TAKA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。