TAKAの撮り撮り日紀

銀塩写真機とデジ一眼レフを背負って、史跡スポットなど見て歩き!最近はミニバンを駆って.. 遠乗り&車中泊などと.. にわか旅人もどき?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

怪しい写真機遊びもあり?

たまには、こんな遊びもいかがですか・・なんだ これって?
銀塩機とデジタル機の合体(重連)!です、もちろんしっかりとデジタル撮影、、出来ますよ・・
それどころか、とんでもなく良い写りに仰天です!レトロな昔レンズの味が手軽に デジタルで味わえます!
云うなれば ”元祖!重連撮り” と云ったところかな^_^;
パーレット01

前機は、70年程昔の 銀塩機の名機「パーレット」です・・フイルムは127判を使いますが、もちろん現在は入手する事は
不可能! 後機は、ちょっと前のキャノン製 汎用一眼デジ機2代目のEOS-D60です、
そうです、EOSの交換レンズの代わりに銀塩機を丸ごと マウントした恰好になっています・・ え~っ! ピント合わせ?

実は本体にはピント合わせ機構はなく固定焦点です、当時の被写体は人物が大半なので 2~3mに固定されている・・
よって出来るだけ絞り込んでパンフォーカスが常套手段、天候や背景との距離 etc'この辺りが写真師の腕の見せ所!
ちなみにレンズの開放絞値はf=8、あとは順に”f=16/32/64”と超小絞ばかり、
当然ながら、シャッター速度も”B:1/25:1/50:最速も1/100”までしかありません!? 天下のイーストマンコダック
と言えども、当時のフイルム感度はせいぜいASA25程度? いやもっと低いかな?
暗ーいレンズに低感度フィルム!と来れば・・ そりゃー普通に撮ればどうやてもブレブレの写真しか撮れませんよね!
そこを当時の写真師はうま~く撮るんですよね、今みたいにフツーの人が写真を撮るなんて、ほとんどない時代だから。

重連撮影では絞は本体レンズユニットのを使いますが、シャッターは「B」モードに固定して開放のままとして、実露光は
EOS側のフォーカルプレーンシャッター
で行います、、上手い事にEOS本体の露出計での測光EV値を補正して使えば
絞優先での露出を決めることが出来ます、さらに試し撮りで写り具合を確かめられるからより確実です・・ ここはデジタル
カメラのアドバンテージ!
フイルムカメラには決して真似の出来ない便利さですね、これがあるので、こんな「禁じられた遊び」ができるのですが・・

肝心のピントはさすが固定のままでは無理ですが、幸いEOSのフランジバック44mmに対してのレンズ位置はジャバラ
を縮めた位置で36mm前後~と余裕があるのでジャバラの出し入れで合わせる事が可能、またジャバラを一杯繰り出せ
ば本体では出来なかった20cm位までのマクロ撮影が出来ます、これは思わぬおまけですが、そうはいっても ジャバラ
をコシコシ! のピント合わせはかなりつらい作業ですぅ ^_^;  しかーしそれでも昔の写真師さんの苦労に比べれば、
なんて事はないのですが・・
パーレット02

レンズですが・・
焦点距離75mmの単玉、前面が凸面でなく 凹面になった メニスカスレンズと言う妙な奴? レンズの前に絞羽がある!
当然モノクロ用、カラーのないこの頃のレンズは、ピュアな作りのせいか、よけいな濁りがなく とんでもなく澄んだ写りに
感激しますよ・・
実際、試写した爺がびっくり仰天、試しに今昔レンズに目利きの大先輩に・・ ツアイスの著名レンズで撮った!と話しても
疑われませんでしたからね (~_~)。。 実はこれ、4年前の「禁じられた遊び」のお話・・ 焼きなましで恐縮ですが。

ときに、、ベスト判の名機「パーレット」とは・・
1912年(大正元年)米国 KODAK社がこれまでの乾板に代わって初の127ロールフィルム(ベスト判)を使うカメラとして
ベストポケットコダック(VPK)と言う写真機を新発売しました・・

その後ドイツの コンテッサネッテル社が「ピコレット」の名で追従し、面倒な乾板を使わず、使いやすく安かった事もあって、
コダックだけでも180万台も売れて世界的な大ヒットとなったと云う

1925年(大正14年)先行2機種の長所を兼ね備えた、国産のパーレットが(Pearlette)六櫻社(後の小西六、旧コニカ)
から発売された、以来20数年間にわたって作られ、大ヒットしたという。 なおフレームサイズは6.5x4cm 8枚撮りです、
写真の個体は六桜社製1940年(昭和15年型)パーレットの最終型です! 御興味のある方は本家のこちらを参照下さい、

参考までに : 往年のベスト判機 御三家をご紹介致します・・ もちろん、どれも背中の部分を重連可能に改造済みです。
左から 元祖「ベストポケットコダック」(VPK)コダック社が初めてロールフィルムのベスト判を製造 販売するためにセットで、
開発&発売されました、、後にこのロール巻きの形式が135判(現在の35mm判)へ受け継がれることになった・・
そうです、知る人ぞ知るあの”ベス単のフード外し”はこのVPKの初期型単玉レンズ機です!

隣はドイツのコンテッサネッテル社が二匹目のドジョウをと、発売した「ピコレット」、レンズは あの「テッサータイプ」を装備
した機種もあり、いずれも写りは 最高! あくまで爺の試写では!

右の2台は今回のパーレット、いずれも後期型で年式が異なる2機種、右端の型はフレームファインダー+マクロレンズ?
が開閉扉式? で面白い、実は他の機種にも付いていたのですが欠落してる・・
ベスト判ファミリー01

蛇足ついでに、重連撮影した試写サンプルを、上の仲間の左から2番目 ピコレットとの重連による試写の1枚をご紹介!
ご覧の通り、抜けのよいクリアーな画像はとてもモノクロ時代の単玉レンズとは思えません、半信半疑で試写! 意外な
描写にびっくり仰天した1枚です!
ピコレット試写02

もう一枚・・ 同じくピコレット+EOSです、
単玉レンズって、なんたってガラス玉1枚ですよ!(正確には色消しアクロマートのメニスカスタイプ、2枚貼り合わせです)
今時の最新レンズは、なんと十数枚も並べてるって云うのに!
ピコレット試写01

でも問題が1つあります・・ ベスト判など 中判系の標準レンズは焦点距離が70~90mmなのでAPSサイズのデジタル
一眼レフでは中望遠レンズ! になってしまうのですよぅ ^_^;
  1. 2007/07/27(金) 11:11:51|
  2. 写真機達
  3. | コメント:4
<<夏の夜はやっぱり花火ですねー! | ホーム | 母校は今?(藤枝東高校-編)>>

コメント

復活どころか常用も?

やっぱり、この子達には癒されますね、見て触って撮ってまたよし、たまには虫干ししてやんないと・・

なんたってベス単やピコレット&パーレットのマクロ撮りなんぞ、究極の禁じられた遊び、ですよねー!
重連で、遊んだ事のある人のみの・・ 禁断の味! やろっやろっ! ですよね~、
  1. 2007/08/01(水) 00:06:10 |
  2. URL |
  3. TAKA #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

また、復活か?

こんにちは、最近また銀塩カメラを持ち出しはじめました。
ベス単は、去年彼岸花を撮影したのが最後かな?
もちろんデジとの重連ですが、、
蛇腹でピントを合わせるので、結構、マクロ的にも使えますので、本格的に取組んでみたい気持ちも、、
夏の宿題かな?
  1. 2007/07/31(火) 10:44:28 |
  2. URL |
  3. Dora #-
  4. [ 編集 ]

こんにちはー!

ようこそ!おやじさん・・ みんカラとは土俵違い・・ 遠い別室をご覧頂いて恐縮です、、さらなる記事、是非本家HPでご覧下さいませ。

これは自称悪戯爺?・・ 数年前からの顛末の一角です・・ なかなか面白いですよ? この辺が爺をして、写真でなく写真機が趣味!
と云われるゆえんであります、、(実際は写真下手の言い訳!)

根っからのからくりもの大好き!! 老いてなお、めっぽう好奇心旺盛な、爺でありまして・・ なんかと一緒で、死ぬまで直らんかな?
  1. 2007/07/28(土) 11:16:26 |
  2. URL |
  3. TAKA #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

(*'へ'*) ンー(*'ω'*)......ん?

('-'*)オハヨ♪・・ございます。

興味深い? 興味をそそられる記事です~!?
TAKAさまのお話をいろいろジックリ??お伺いしたい想い(┗(;´Д‘)┛超おもてぇ~)です・・・。^^

覚悟ができたら??? 連絡します。。。☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪
  1. 2007/07/28(土) 09:20:23 |
  2. URL |
  3. おやじ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

プロフィール

TAKA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。