TAKAの撮り撮り日紀

銀塩写真機とデジ一眼レフを背負って、史跡スポットなど見て歩き!最近はミニバンを駆って.. 遠乗り&車中泊などと.. にわか旅人もどき?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石部トンネル坑門が崩落!

このお店、見覚えがおありですか? 実は2年前に訪れて劇的な出逢いがあったお店ですが、関連記事など!ご記憶にありますか?
(これはHPの過去記事「街道で出逢ったトンネル達」とBlog記事磯浜トンネルの謎/解」等 石部トンネルに関する最新情報です!)

「東海の絶景ポイント」といわれた静岡市と焼津市の間の「大崩海岸」の崖っぷち旧150号腺の一角、実はこの下の旧東海道本線
の旧石部トンネル坑門でまたまた大変な事が起こった!と云うのです、、知らせを聞いて早速、見に降りて・・
例によって大汗かいて!喉がカラカラ、ゼイゼイで、、またまた寄りこみました・・ 初老の温厚なご主人・・! 静に話かけて歓迎して
戴きました! 嬉しい事に、しっかりと爺の顔を覚えていてくれましたよ!・・ もっともあの様な場所に興味を持つ爺も珍しいのかも?

今日ばかりはオッターくん、、少し先の道路わきの草地で現場待機の居眠り状態だった、ここに寄って一息入れて、はご主人の話?
石部トンネル01

現地へ降りるなり、住人のホームレス氏に捕まってしまった・・ これ幸いとヒヤリングなど、聞けばここに居ついて9年を越えるとか?
それにしても生き埋めにならなくて良かったと!! 世間話を2~30分・・ じれったーい、、でも貴重な情報をもらった・・!
崩落は5月25日の夜8~9時頃の事だと、、そう天竜川オフの前の日です!おりしもの大雨で地盤が緩んだのか? こんな事に・・

これが現在の状況です、かろうじて残っていた、左手山側の旧上り線の坑門が崩落して! 見事になくなっています・・ またすでに
波打ち際へ崩落していた、下り線側の坑門も少し動かされていますね、波に洗われて綺麗だったレンガブロックの上には土砂が一杯
積もってる?!っと云っても以前の姿を知らないと何が起こったのか?分りませんねここここを見てください! 事情が分ります!
昭和23年のアイオン台風による、下り線側の坑門の崩壊被害に始まった「石部トンネルの悲劇」・・ あれ以来、、トンネルの西側の
線路敷きの山肌の崩落や海食が続いていたのですが、山側坑門は、かろうじて原型をとどめて来たのに、いよいよ崩壊が始まった
のでしょうか?
石部トンネル02

実は、本家ホームページをご覧の ある方から連絡を頂いて、急遽、現地確認に行って来ました・・ こりゃーすごい、、山側の坑門が
崩落してなくなっている、、下は瓦礫だらけ、、崩落した木々の葉っぱの緑が失われておらず、崩落直後である事を物語っている、、
なんとも悲惨な状態だ・・ 今度こそ明治の遺構が消滅してしまうのか、、

これが崩れる前、2005年8月11日の現場2つの坑門です、右側(海側)は崩落して坑道がむき出しですが、左(山側)は隠れている
が、かろうじて存続していました・・
石部トンネルold001

残っていた山側の上り線の坑門です、上部の石組の中央あたりに少々割れがあったもののほぼ無傷で残っていたのですが・・
石部トンネルold002

そして、こちらが今度の崩落後の、ほぼ同じ位置からの画像、左の坑門がなくなって坑道がぱっくり口をあけた状態が分りますか?
右(海側下り腺)の坑門の一部が、壁のように残っていたのですが、、ここが左(山側上り腺)の坑門と共に崩落しています・・
石部トンネルnew001

近づいて見ると、、こんな事になっている・・ 坑門がなくなって坑道がむき出しの状態! なんとも哀れなお姿になってしまって・・
石部トンネル04

回り込んで山側の坑門があった位置を見ると、すっかり崩れ落ちている、実際は海側の坑門の一部の壁が残っていたのだが、一緒
に崩落してしまった様だ、、替わって山側の坑門の一部が壁になっている! これは、ひどい!!
石部トンネル05


と、まー、、さわりの、、第1報です、現場の写真を140枚ほど撮ってきたので、「旧石部トンネル坑門・平成の崩落」?っとでも題して
後ほどホームページに上げるつもりです、、とにかくすごい事になっています・・

:なお、タイムリーな一報をお知らせ下さったダーイシさま、どうもありがとうございます、 この場で恐縮ですが厚く御礼申し上げます。
詳細な状況は、画像などを整理してから、後日ホームページにアップする予定です、少々お時間を拝借致します・・!
  1. 2007/06/09(土) 18:04:42|
  2. 石部磯浜
  3. | コメント:2
<<林道の向こうでSLに会った! | ホーム | ’07年の富士山周遊は>>

コメント

驚きました!

すごいです!! このままでは、上の県道までもが落っこちそう!が、現地の直前までは静岡市の管轄ですが、
あろうことか、、現地は私有地になっていて静岡市も手が出し難いとか?
しかし実際に県道が崩壊し始めれば・・後手のアクションをするでしょうが、今のところ静観らしいです、、

もっとも、本格的に改修・・となると、東よりの擁壁のように”坑門部分がコンクリートで塗り固められて”・・ 擁壁化?
となれば今度こそ坑門は完全に消滅する事になるでしょうか?
こうなると、やっぱり。景観やマイナーな遺構より、生活道路の安全が先決、、痛し痒しですね、
その通りです、、また一つ、、原風景がなくなっちゃうと・・寂しい限りですが・・

アップには・・悩んでます、、新旧対比形式がいいのか、歴史の流れの1点なのか?? こうご期待を!
  1. 2007/06/11(月) 10:27:15 |
  2. URL |
  3. TAKA #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

大変なことに、、

すごいですね、すっぱり落ちてしまったのですね、、
普段、管理をしていない場所ですし、波打ちぎわですんので、海からの侵食もあったのでしょうか??

自然の力には、逆らえないのかな?
こうして、少しずつ消えて行くのでしょうか、何となくさびしいような、、
  1. 2007/06/10(日) 23:50:44 |
  2. URL |
  3. Dora #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

プロフィール

TAKA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。